乾蕎麦を食べてもっとそばへ。 十日町乾蕎麦研究所は、人と文化を美味しくつなぎ、細く長くしあわせな暮らしを応援します。

乾蕎麦ブログ

各種イベントの情報など、乾蕎麦にまつわる様々な話題をお知らせします。

2013年3月2日

ニュース・イベント

十日町の乾蕎麦

「十日町の乾蕎麦は、安くてウマい!」
グルメ雑誌「dancyu」などでも活躍されている
魚沼出身のベテランライターの遠藤哲夫さんの言葉です。
その独特のツルっとした食感とコシが一度食べたらやみつきとなり、
東京を中心とした関東の都市部でも、品揃えにこだわるスーパーや百貨店では、
割と簡単に手に入るようになっています。
もちろん最近では、お取り寄せも人気です。
なんといっても保存がきく乾蕎麦。
あらかじめ買っておいて、好きな時に食べられるのが魅力ですね。

十日町の乾蕎麦は、蕎麦通の間では有名な「へぎ蕎麦」です。
十日町では、江戸時代から山間部を中心に蕎麦が栽培されてきたため、
蕎麦打ちの技術は、絶え間なく切磋琢磨されてきました。
そして「へぎ」というのは、本来は、このあたり特有の蕎麦を盛る木の器のこと。
つまり「へぎ」に持ってある蕎麦ということで「へぎ蕎麦」というわけなのです。
では、前述した独特のツルっとした食感とコシ、味の秘密は、何でしょうか?

その秘密は、つなぎに海藻の布海苔を使っていることにあります。
もともと十日町は、江戸時代から織物産業が栄えた土地。
いつの頃からか、織物づくりに使った布海苔をつなぎとして使うようになり、
現在の十日町の蕎麦へと進化したと言われています。

では、十日町の蕎麦を知るには、ウンチクよりも、
まずは食べるところから。市内の乾蕎麦の製造所を商品とともにご紹介。    

玉垣製麺所
_KRS6228
_KRS6237

小嶋屋総本店
小嶋屋総本店布乃利そば

松代そば 善屋
_KRS6227
_KRS6240

新川屋
_KRS6231
_KRS6233

越後十日町 小嶋屋
_KRS6234
_KRS6238

日の出そば
_KRS6235

おぼろ月
_KRS6236

池周製麺所
_KRS6232

現在、八つの事業所が乾蕎麦を製造・販売しています。
美味しいだけでなく、製品数も多くて深い十日町の乾蕎麦の世界。
各企業の取材レポートなど、これからもっと詳しい情報をお届けしていきます。