乾蕎麦を食べてもっとそばへ。 十日町乾蕎麦研究所は、人と文化を美味しくつなぎ、細く長くしあわせな暮らしを応援します。

全国の乾蕎麦図鑑

全国の個性豊かな乾蕎麦の魅力を、乾蕎麦おじさんがご紹介します。

2014年3月23日

三輪そうめん山本『自然薯そば』

こんにちは!
乾蕎麦おじさんの藤原幸男です。
おいしくてヘルシー、安くて簡単で保存も効く。
乾蕎麦って本当にいいですよね。

今回は、奈良県桜井市・三輪そうめん山本の、
『自然薯そば』をつるっとご紹介します。

jinenjyo_1

メーカーからのキャッチフレーズは、こちら。

本品は純良なそば粉に国内産の自然薯を用いて
練り上げた逸品でございます。
豊かな味と香りなめらかな口当たりをお楽しみ下さい。

とろろでなく自然薯ときましたね。
自然薯ですよ!

原材料  小麦粉、そば粉、食塩、自然自然薯粉末
ゆで時間 7分ほど
麺の太さ 1.1×1.8mmくらいの長方形 
麺の長さ 187mm

jinenjyo_2

株式会社三輪そうめん山本、『NEW麺 山菜そば』に続き二度目の登場です。
前回も書きましたが、創業天保2年の奈良のそうめんメーカー。
しかしチャレンジ精神には頭が下がります。

6分でゆであげます。

ざる
jinenjyo_zaru

ほんのりと蕎麦の香りが漂います。
まろやかな口当たりなのに歯切れが良いのは、つなぎが自然薯だからでしょうか。
蕎麦を美味しくするつなぎは、とろろや海藻が一般的ですが、
自然薯なのでとろろよりも原価は高いのではないでしょうか。

つなぎに海藻を使った『へぎそば』とは、風味の違う美味しさがありますね。

かけ
jinenjyo_kake

自然薯の旨味と香りがより際立っています。口当たりはまろやか。
ざるとはまた一味違う世界があります。
蕎麦湯も自然薯のとろみが出て、これまた美味しいですよ!

商品名  自然薯そば
メーカー 三輪そうめん山本[公式サイト
住所   奈良県桜井市箸中880

乾蕎麦おじさん藤原幸男(ふじわら・ゆきお)

昭和29年生まれ。東京足立区出身。本職はグラフィックデザイナー。
幼少時、父親が毎日のように朝に食べる乾蕎麦に影響され、その奥深さを知る。
乾蕎麦との付き合いは半世紀を越え、蕎麦を食べながら飲むコップ酒も覚えて現在に至る。