乾蕎麦を食べてもっとそばへ。 十日町乾蕎麦研究所は、人と文化を美味しくつなぎ、細く長くしあわせな暮らしを応援します。

全国の乾蕎麦図鑑

全国の個性豊かな乾蕎麦の魅力を、乾蕎麦おじさんがご紹介します。

2014年3月23日

小川製麺所『山形の蒟蒻入りそば』

春はざるそば!
いや、いつもざるそばか(笑)
さあ、乾蕎麦食べまくるぞ!

今回は、山形県山形市・小川製麺所の、
『山形の蒟蒻入りそば』をつるっとご紹介いたします。

konnyaku_1

メーカーからのキャッチフレーズは、こちら。

出羽の国山形は蒟蒻の大消費地。
いろんな料理にこんにゃくを使用します。山形名物“芋煮会”の鍋の中にも
こんにゃくが沢山入ります。
芭蕉の「奥の細道」で有名な山寺〔宝玉山立石寺〕に参詣する時にも、
力こんにゃくといって丸いこんにゃくを串刺しにした団子状のものを
ほおばりながら登拝いたします。
本品は山形名産のそばとこんにゃくを組み合わせた画期的な商品でございます。
ちなみに、こんにゃくは、ダイエット食品として脚光をあびてきております。

むむ、「そばとこんにゃくを組み合わせた画期的な商品」、
「ダイエット食品」とありますが、これはキワモノの乾蕎麦なのでしょうか? 

原材料  小麦粉、そば粉、でんぷん、小麦たんぱく、こんにゃく粉、食塩
ゆで時間 4分前後
麺の太さ 1.1×1.1mmくらいの正方形
麺の長さ 8cm

konnyaku_2

山形も十日町と同じく乾麺メーカーが多いところ。
小川製麺所も『山形とびきりそば』で有名です。スーパーなどにも置いてありますよ。

さて、ゆでましょう。3分30秒でゆであげます。

ざる
konnyaku_zaru

色は田舎蕎麦よりも薄く、更科よりも少し濃い印象です。
一口食べてみると、おお!
パッケージに書いてあるように「つるつるコキコキ細麺」そのまんま!
あらためてもう一口。細くてのどごし抜群。
噛むとコキコキしているのは、つなぎがこんにゃくだからですね。
でもそばの風味はちゃんとあります。
キワモノではありません。ちゃんとした美味しい乾蕎麦です。

おじさんのレポートする乾蕎麦の切り口は長方形が多いですが、
この蕎麦は細めの正方形。
これがこのそばの美味しさを最大に引き出すカタチなんですね。

かけ
konnyaku_kake

温かくても「つるつるコキコキ細麺」は変わりません。
普通だと2~3分経つと乾麺はポロポロしてきますが、
こんにゃく入りのためか伸びにくく、つるつるコキコキが長続きします。
こんにゃく力凄し。

蕎麦湯も美味いです。余ったざるのつゆを入れて飲んでくださいね。

こんにゃくはカロリーを抑え、食物繊維が豊富なので
ダイエットやデトックス効果が期待できるのではないでしょうか。

ちなみに、小川製麺所のHPをご覧いただくと、原料の詳細や、
放射能検査の実施結果などが公開されています。
良心的で信頼できるメーカーですね。

商品名
  山形の蒟蒻入りそば
メーカー 株式会社小川製麺所[公式サイト
住所   山形県山形市北町2-7-45

乾蕎麦おじさん藤原幸男(ふじわら・ゆきお)

昭和29年生まれ。東京足立区出身。本職はグラフィックデザイナー。
幼少時、父親が毎日のように朝に食べる乾蕎麦に影響され、その奥深さを知る。
乾蕎麦との付き合いは半世紀を越え、蕎麦を食べながら飲むコップ酒も覚えて現在に至る。