乾蕎麦を食べてもっとそばへ。 十日町乾蕎麦研究所は、人と文化を美味しくつなぎ、細く長くしあわせな暮らしを応援します。

全国の乾蕎麦図鑑

全国の個性豊かな乾蕎麦の魅力を、乾蕎麦おじさんがご紹介します。

2014年10月12日

新潟県十日町市・玉垣製麺所『石臼挽きそば』

「石臼挽きそば」

メーカー 株式会社 玉垣製麺所
商品名 『石臼挽きそば』

こんにちは!
乾蕎麦おじさんの藤原幸男です。
おいしくてヘルシー、安くて簡単で保存も効く。
乾蕎麦って本当にいいですよね。

今回ご紹介するのは、
新潟県十日町市・玉垣製麺所『石臼挽きそば』をつるっとご紹介します。

ishiusu_1

戻って参りましたよ十日町に!
嬉しいですね十日町の乾蕎麦レポート。
玉垣製麺所は二度目の登場です。

メーカーからのキャッチフレーズは、こちら。
新潟県小千谷市で生まれ、種まきから収穫まで
無農薬で愛情をたっぷり注いで作られたそばは、
上質で安心・安全です。
贅沢に布のりを使った艶やかなのどごしと、
石臼挽きならではの強い香り、しっかりした歯ごたえは、
他にない至極の味わいです。

まずパッケージの良さに感心します。
真っ白い和紙(風)な袋に筆文字の商品名と
素人が描いたような武骨な石臼のイラスト。
好きなんだな~こういうデザイン。
シンプルイズベスト!
「パッケージは味を表す」ん、これ? 乾蕎麦おじさんのコトバです(笑)
一応おじさんはデザイナーですからね!←ここ強調!!

原材料  小麦粉、そば粉、海藻(炭酸カリウム)
     食塩、加工でん粉、カラメル色素
ゆで時間 約5分
麺の太さ 約2×1.2mmくらいの「長方形」 麺の長さは約204mm

ishiusu_2

ゆでる前のそばをじっくり見るとそば殻かな?
白っぽい乾麺にぱらぱらと混じっています。
シズル感ありますね。

新潟県小千谷産そば粉使用、それも無農薬ときた。
新潟県小千谷 そば で検索したら…
あらま、凄い数のへぎそばのお店やメーカーさんがありますね。
さすが十日町!へぎそばの町!バンザーイ!
変なテンションになってきたので、ゆでましょう。

4分30秒でゆであげ。

ざる

ishiusu_3

ゆであがったそばは艶がありやや白い。
そば殻の色も残っています。
さて一口。

プンとくるそばの香り。歯ごたえがありツルツルしています。
のどごしも抜群ですね。
あれれ、キャチコピーそのままではないか。
布のり特有のつるっとしたのどごし、たまりませんね。
そして石臼ならではのきめ細やかな舌触り。
う~ん、一言で言えば「上品」なおそばです。

かけ

ishiusu_4

こちらも布のり独特のつるっとしたのどごしがくる。
これまた「上品」な味わいですね。
つるっと一杯いってしまいました。

ここで注意!
パッケージの裏にこうあります。

「温かいおそばの食べ方」
冷水でしめたそばをサッとお湯に通して器に入れ、
温かいつゆをかけてお好みの具を入れてお召し上がり下さい。

そうなんです、かけそばを食べる時は冷水で一度しめた方が美味しくいただける。
そばの味が引き立ち、伸びる時間も押さえられるのです。
大雑把なこのおじさんも面倒くさいがこれをやっております。
たまに急いでいる時なんかは、器につゆを先に入れ、ゆで湯とめんをザブンと…。
うんうん、このパターンが多いよね。ま、これはこれで美味しいんですけどね。
お好みの具か? きのこの天ぷらとか山菜の水煮なんか合うのかな。

そば湯

そばと布のりのダブルパンチ。
是非つゆを少し入れて飲んでください。

口も心もカラダも幸せになる乾蕎麦、十割そば本舗 伝統の「二八そば」を是非♩

以上、乾蕎麦おじさんでした。

乾蕎麦おじさん藤原幸男(ふじわら・ゆきお)

昭和29年生まれ。東京足立区出身。本職はグラフィックデザイナー。
幼少時、父親が毎日のように朝に食べる乾蕎麦に影響され、その奥深さを知る。
乾蕎麦との付き合いは半世紀を越え、蕎麦を食べながら飲むコップ酒も覚えて現在に至る。