乾蕎麦を食べてもっとそばへ。 十日町乾蕎麦研究所は、人と文化を美味しくつなぎ、細く長くしあわせな暮らしを応援します。

全国の乾蕎麦図鑑

全国の個性豊かな乾蕎麦の魅力を、乾蕎麦おじさんがご紹介します。

2014年4月9日

越後十日町 小嶋屋そば「結」

メーカー 株式会社小嶋屋

商品名
越後十日町「小嶋屋そば」

毎日乾蕎麦を食べていますが、
春の蕎麦はココロウキウキに格段と美味しく感じます。
蕎麦って不思議ですね。

おいしい&ヘルシー!
安くて簡単、保存も効く。
乾蕎麦って本当にいいですよね。


今回ご紹介するのは、越後十日町「小嶋屋そば」です。

kojimaya_1

メーカーからのキャッチフレーズは、こちら。


しんしんと降る雪は
一夜三尺一や五尺と
歌われる越後十日町
十日町小嶋屋の
そばは海藻をつなぎ
にした独特の風味と
なめらかな舌ざわりが
特長です。

十日町に戻ってきましたよ!
もちろんつなぎは海藻。
おじさん、日常的にこの蕎麦を食べているので
この味が海藻つなぎ乾蕎麦の味の基準になっています。

HPから
十日町小嶋屋の干しそばをお手頃なお値段で
お買い求め頂くため開発した「織(おり)」
伝承の製法と職人のこだわりを維持したまま、
パッケージを簡素化することで、毎日の食卓でお召し上がって頂ける
手頃な価格の布海苔(ふのり)そばを実現しました。
丁寧に茹でて頂ければ、お店のような味をお楽しみ頂けます。

実は小嶋屋さんには「織(おり)」と「結」という2つの
乾蕎麦シリーズがあるのです。
お手軽なご家庭用の「織」とご贈答に最適な最高級品「結」。
詳しくはHPを!

今回はお手軽な「織」です。

原材料  そば粉、小麦粉、海藻、食塩、小麦たん白、醸造酢、クチナシ色素

ゆで時間 約4分
麺の太さ 1.9×1mmくらいの長方形!
麺の長さ 20cm

kojimaya_2




ゆでましょう。
3分30秒でゆであげ。

kojimaya_zaru

ざる

時間があればへぎそば風にひとくち大に
カタチを作って盛りたいけれど伸びてしまうので
ざばっと盛る。

写真がそそりますね〜!
鼻を近づけるとほんのり香る蕎麦の匂い。
あー、春の匂いだ!雪解けの匂いだ!
さて、つるっと一口。
まろやかしこしこした舌ざわり。
のどごしも抜群。
この舌ざわりは生そばと言っても過言ではないでしょう。
これぞ布海苔マジック!
おはしが止まりません。
お手軽にこんな美味しいそばを食べられる幸せに乾杯!

ここで注意。
あまりそばつゆを付けないでくださいね。
そばをじっくり味わって欲しいんです。

かけ

kojimaya_4

布海苔の風味が強く出てくる味わいです。
歯ごたえもざるとは少し違い
ツルりトロりとした感じで、これもまたオツで好きですね。
薬味に長ネギ、ぴりりと山椒などお薦めしたいです。

そば湯も布海苔が溶け出しこれまた美味いです。
絶対味わって欲しいです。

布海苔は体内浄化作用、デドックス作用が期待される食品。
口も心もカラダも幸せになる乾蕎麦 越後十日町「小嶋屋そば」を是非♩
これを食べると細く長く健康が続くような気が。
いえもっと、乾蕎麦の麺を食べれば何でもできるような気もします。
YES WE CANMEN!
長く楽しい日々を過ごしたいですね!

以上、乾蕎麦おじさんでした。

乾蕎麦おじさん藤原幸男(ふじわら・ゆきお)

昭和29年生まれ。東京足立区出身。本職はグラフィックデザイナー。
幼少時、父親が毎日のように朝に食べる乾蕎麦に影響され、その奥深さを知る。
乾蕎麦との付き合いは半世紀を越え、蕎麦を食べながら飲むコップ酒も覚えて現在に至る。